料亭おせち通販予約ランキング > 料亭おせちとは > おせち料理に込められた願い

おせち料理に込められた願い

おせちの一品一品には、縁起をかついだり、その年への願いが込められて作られています。
意味を理解し、家族みんなで新しい1年の無事を願っておせちをいただきましょう。
できれば、お母さんやおばあちゃんがお子さんやお孫さんに意味を伝えてほしいと思います。
そうすれば、おせちが美味しく特別なものに感じられるのではないでしょうか。

●祝い肴の意味
【黒豆】
まめは元来、丈夫・健康を意味する言葉。家族みんながマメに元気で働けるようにとの願いが込められています。

【田作り】
片口いわしを冬の風にあてて乾燥させたごまめは、かつて田の肥料にもしたことから「田作り」と呼ばれています。
「五万米(ごまめ)」の文字をあて、五穀豊穣の願いが込められています。

【数の子】
数の子はニシンの卵。「二親(にしん)健在」にも通じ、一腹にたくさんの卵を抱えることから、子宝に恵まれ、子孫繁栄の願いが込められています。

【昆布巻き】
昆布はよろこぶという言葉にかけ、一家繁栄の願いが込められています。

【ごぼう】
細く長く地中にしっかり根を張るごぼうは縁起が良く、たたきごぼうは、柔らかく煮たごぼうを叩き、身を開いて、開運の縁起をかついだもの。細く長く幸せにとの願いを込めて。

【伊達巻】
巻き物に似た姿から、読み書きがしっかりできるようにという願いが込められています。また、文化発展を願う意味もあります。

【海老】
えびは、ゆでたり焼いたりすると背が丸くなることから、腰が曲がるまで長生きできるようにという長寿の願いが込められています。

【栗きんとん】
黄金色に輝くその色から、財産が貯まるようにという願いが込められています。
日本中どこにでもある栗は、山の幸の代表格で、「勝ち栗」と言って、縁起がよいとして喜ばれました。

【こはだ粟漬】
こはだはコノシロという魚の成魚になる前の名前。出世魚なので縁起がいいと言われています。クチナシで染めた黄色の粟は、五穀豊穣の願いが込められています。

【錦玉子】
黄身と白身の2色が美しい錦玉子は、その2色が金と銀にたとえられ、正月料理として喜ばれます。
2食を錦とごろ合わせしているとも言われます。

【紅白蒲鉾】
かまぼこは、「日の出」を象徴するものとして、元旦にはなくてはならない料理。
紅はめでたさと慶びを、白は神聖を表します。