おせちの由来

おせちという言葉は元々、「お節句」が変化したもので、いわゆる五節句(七草の節句(1月7日)、桃の節句(3月3日)、端午の節句(5月5日)、七夕の節供(7月7日)、菊の節句(9月9日)に神前にささげる節句料理の総称で、1年で1番大切なお正月料理だけに「お節」という言葉が残ったと言われています。

重箱に飾り保存がきくお正月料理。
「神様をお迎えする新年に台所を騒がせてはならない」という考えによるもの。
また、普段忙しい女性が正月三が日に休めるようにとも言われています。

本来は「年迎え」の膳として、大晦日に食べるものでしたが、現在ではほとんどの地方で元日以降に食べるようになっています。
ただ、北海道などの一部の地域では、大晦日におせちを食べる風習が残っています。

おせち料理は、地域によって作り方やレシピに違いがあります。
最近では、洋風や中華風のおせちも人気です。

伝統的なお節料理の重詰めには五段重を使いますが、近年では、三段重が多く利用されていますよね。
重箱に詰めるのは、めでたさを「重ねる」という意味で縁起をかついだものです。
重箱は上から一の重、二の重・・・と数えます。